消費者金融のローンの金利の平均はどれくらいですか

カードローンの経験がないのですが、急な出費があったために一時的にカードローンを利用しようと思ってます。知名度の高い大手消費者金融を選ぶつもりなのですが、それぞれの会社によって金利は変わってくるのでしょうか。また、消費者金融のカードローンの平均的な利息とはいくらくらいなのでしょうか。

それぞれの会社で金利は変わってきますが、平均は18%

キャッシングの上限金利は金利法によって決められています。カードローンなどの少額のキャッシング、10万円未満は年金利20%。10万円~100万円未満の場合、年金利18%になります。これ以上の金利を設定している消費者金融は違法なヤミ金になりますので絶対に利用しないようにしてください!

貸金業者のサイトを参考にすると、中小企業消費者金融で年率20%、大手消費者金融で年率18%というのが多いようです。ですので、平均的な利息のところからキャッシングをしたいのであれば、この数字を参考に消費者金融を選ばれてください。

カードローンの付帯サービスは会社によっても様々です。返済方法が色々選べたり、無利息期間の設定があったり、審査基準を低く設定してくれていたり、・・・etc。

それぞれの会社で金利も変われば、サービスや特色も変わってきます。自分にあったカードローンを慎重に選ぶことが、失敗しないカードローン会社選びの基本です。

金利だけでなく、色々な面も視野に入れてキャッシング先を選ぶようにしましょう。もちろん、平均的な金利以上を設定をしている消費者金融を選んだ場合、返済時に負担が増えてしまいますので注意されてください。

カードローンでの借入は、消費者金融と銀行どちらの金利がより安い?

急きょ現金が必要となった時、すぐに引き出して借りることのできるカードローンは、いざという時の為に契約をしておくと助かります。普段、継続的には利用していないけれど、緊急の時にだけ一時的に使っているという方もいらっしゃるようです。

そんな便利なカードローンですが、これはつまり借金をすることであって、全くのタダでお金が借りられるというワケではありません。当然、貸す側も商売でやっているワケで、借りる側は借入金額に加え、その手数料も払わなければなりません。この手数料、つまり利息を計算する為に使われるのが、金利です。

金利は会社によって、また利用する条件によっても異なるのですが、カードローンで借入をする際に一番注目をしておきたいのがこの金利の部分です。金利が低いか高いかによって、返済額が大きく変わってくるからです。勿論、金利は低いに越したことはありません。

カードローンは様々な形態の会社で利用することができますが、では大きくわけて消費者金融と銀行の場合、その金利はどちらがより安いのでしょうか。

結論から先に申し上げますと、銀行の方が消費者金融よりも金利は低い傾向にあります。更に、年収の3分の1までしか借入ができないという「総量規制」が、銀行では適応外の為に限度額も大きめだというメリットもあります。ならば銀行で利用する方がいい、と思われるかと思いますが、ここでデメリットについても見ておきましょう。

銀行のデメリットと言えば、まずは審査の厳しさにあります。金利が低くて限度額も大きい、なのでこれは必然的にそうなるということでしょう。また実際の融資までにも、消費者金融に比べると時間がかかる場合が多いです。

とはいえ、銀行の中でも「即日融資」を謳っている会社もありますので、急ぎの場合は問い合わせしてみると良いかもしれません。

またはこのようなお得な利用の仕方もあります。それは銀行でも消費者金融でも「無利息」の期間を設けている商品です。例えば次の給料日までの繋ぎで急ぎで必要!というような時など、無利息期間内に返済の当てがある場合などは審査の早い消費者金融で借りれば、金利の高さなどは気にしなくてもよいのです。

金利だけを取りあげれば銀行の方が安いということになりますが、その時の状況に合わせて借入先を検討するとよりお得な方法で利用できると思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 審査の厳しいデジタルローンよりお薦めな会社を紹介します! All Rights Reserved.